トップページ >  > 秋田県でインプラントするなら、この歯科医院

インプラントで秋田県の歯科クリニックを選ぶポイント

徐々にインプラントを受けるという方が多くなっているようです。歯科技術は年々進歩するものですから、デンタルクリニックでのインプラントの技術も向上しています。歯科治療といえば痛いイメージがありますが、痛みのないインプラントが普及してきました。インプラントで歯科医を選ぶときには確認したいポイントがあります。
そのポイントとは治療の実績とアフターケアを行っていることです。インプラント治療の経験が豊富な方が安心です。そして、インプラントは治療して終わりではなく、長持ちさせるためにブラッシングが重要になります。そのようなアフターケアを行っている歯科医が良いです。
このようなポイントを満たしたクリニックを紹介しています。インプラント治療のことで不安に思うことなどがあるなら、歯科医院に電話をして相談するのがおすすめです。

秋田県で評判のインプラント歯科医院

秋田のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名クローバーデンタル
住所秋田県秋田市千秋矢留町6-30
通いやすい地域秋田 秋田市
郵便番号010-0877
院長名山岡 薫
診察時間【月】8:30~12:30 【火~金】8:30~12:30 14:30~18:30、【土】8:30~12:30 14:30~17:00
休院日日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

秋田県のインプラント歯科医院について
混同されることの多いインプラントと差し歯。 何が違うのでしょうか。 差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。 つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。 ですから、抜歯してしまって歯がない場合は埋め込む所がないので使えません。 対して、インプラントは差し歯と異なり、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。 歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。 インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けるということも考えていきましょう。 北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。 困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならすぐにあきらめることなく、まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。 皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本来の歯同様の耐久性を得られるとされています。 とすれば、普段のメンテナンス次第で長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。 インプラント治療も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。 医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。 確定申告することではじめて、医療費控除の対象になりすでに収めた税金を取り戻す申告をします。 医療費控除を受けようとすれば歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。 どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。 両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され最終的にインプラントを選びました。 結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。 治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。 様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。 インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全て歯科医の腕に任されているのでかなり治療実績には差があると考えられます。 インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。 近年市民権を得てきたインプラント。 人工歯の組成には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。 セラミックとは要するに陶磁器であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。 高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを必要とする、高レベルな作業なのです。 いわば一点一点がオーダーメイドですから、技術的なコストもかかり、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。 いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。 実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。 何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に設定できるのです。 しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。 インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。 手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるといわれています。 腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて我慢あるのみです。 十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。 こうなれば我慢は必要ありません。 すぐに診療を受けましょう。 希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずインプラントの埋入まで行けないこともあります。 ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。 最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。 通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を十分調べてください。
概要