トップページ >  > 愛媛県のインプラントでおすすめの歯科医院

インプラントで愛媛県の歯科クリニックを選ぶポイント

年々とインプラント治療を受ける人が増えてきました。最近では、歯科医のインプラントの技術も向上しています。安全性の高いインプラント治療が可能になっています。インプラント治療でクリニックを選択する際に、チェックしたいポイントがあります。
それはインプラント治療の経験や、治療後のフォローを行っていることです。治療の経験が多いほど安心して治療を受けられます。また、インプラント治療後にはブラッシングが大切なので、しっかりと説明や指導を行っている医院がおすすめです。
そのような点を抑えた歯科医を紹介します。インプラント治療のことで疑問に思うこともあると思いますが、歯科医に電話をして質問してみると良いです。

愛媛県で評判のインプラント歯科医院

愛媛のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名林歯科医院
住所愛媛県宇和島市錦町4-23
通いやすい地域愛媛 宇和島市
郵便番号798-0034
院長名林 敬人
診察時間【月・火・木・金】9:15~13:00 14:00~18:00、【水・土】9:15~13:00
休院日日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名駅前歯科医院
住所愛媛県東温市横河原285−1
通いやすい地域愛媛 東温市、砥部町
郵便番号791-0203
院長名能智 星悟
診察時間【月・火・水・金】9:30~13:00 15:00~19:00、【土】9:30~13:00 15:00~17:30
休院日木曜・日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名ホワイト県庁前歯科
住所愛媛県松山市一番町4-1-5一誠ビル2F
通いやすい地域愛媛 松山市
郵便番号790-0001
院長名能智 星悟
診察時間【月~金】10:00~12:30 14:00~19:30、【土・日・祝】10:00~12:30 14:00~19:30
休院日なし ※木曜、土曜、日曜、祝日は完全予約診療となります
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

愛媛県のインプラント歯科医院について
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。 インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。 ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。 治療後、一見した感じでは、どちらかというとインプラントが優っていると考えられます。 さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。 インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。 この治療は治療費を確保してから始めなければなりません。 この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を強いる原因です。 現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用はその数倍に及ぶことを重々承知しておいてください。 初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。 まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。 自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。 当然、歯が全く残っていない状態では、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。 さて、そこでインプラントですが、これはインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。 自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。 人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。 インプラントは、その部品の接続構造により、以下に示す何通りかに分かれています。 人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。 そして、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。 二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにそのコネクション部分の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。 この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。 近年市民権を得てきたインプラント。 人工歯の組成には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。 セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。 熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必要不可欠です。 これには大変な手間と時間がかかりますから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。 皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。 そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠ればすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。 インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。 入院する必要はまずありません。 糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。 また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。 腸骨など自家骨の移植手術であれば入院して手術するケースも実際にあります。 自分が当てはまるという方は、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。 重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。 とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。 それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。 最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。 歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。 手術によってインプラントを埋め込んだ後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすのが無難です。 力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。 傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。 負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。 どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。 かなり専門性の高い外科的治療を要するので、たくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。 また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
概要