トップページ >  > 群馬県のインプラントでおすすめの歯科医院

インプラントで群馬県の歯科医院を選ぶポイント

年々とインプラント治療を受ける方が増えています。今までと比べると歯科医のインプラントの技術も向上しています。歯科治療といえば痛いイメージがありますが、痛みのないインプラント治療を受けることが普及してきました。インプラント治療を受ける歯科医を選択する際に、確認したいポイントがいくつかあります。
チェックしたいポイントは治療の実績とアフターケアを行っていることです。インプラント治療の実績が豊富な方が安心です。また、インプラントは治療して終わりではなく、長持ちさせるために歯周のケアをすることが大切です。その指導を行ってくれるところが良いです。
このようなポイントを満たした歯科医を紹介します。インプラント治療のことで不安に思うことなどがあるなら、歯科医院に電話をして相談するのがおすすめです。

群馬県で評判のインプラント歯科医院

群馬のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名すずき歯科医院
住所群馬県伊勢崎市境下渕名1158
通いやすい地域群馬 伊勢崎市
郵便番号370-0103
院長名鈴木 君弘
診察時間【月・火・水・金】8:30~12:30 14:00~18:00、【土】8:30~12:30 14:00~16:30
休院日木曜・日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

群馬県のインプラント歯科医院について
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。 ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。 審美性を考えた場合、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優っていると考えられます。 ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。 最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。 ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。 インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療にお金がかかることは承知しておいてください。 成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。 第一に、費用は他の歯科治療より高額です。 ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。 加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。 障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。 今流行りのインプラント。 一度埋め込めばその効果は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。 毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。 また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。 高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。 保険がきかない理由ははっきりしています。 インプラント治療をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。 手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。 それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。 普通、インプラント埋入手術は日帰りです。 部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。 ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。 また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。 腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院が必要になることもあるので、注意してください。 自分が当てはまるという方は、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。 インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。 上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなど、問題となる不具合が報告されています。 こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに原因があると言ってよいでしょう。 インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。 歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。 差し歯は無理で、義歯が必要になっても、根のケア次第で自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウン治療が可能になります。 これに対し、抜歯した後は、入れ歯もありますが、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。 数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという問題はありませんでしたか。 それは気にしないでください。 確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。 しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。 検査で問題になることはまずありません。 インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。 骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。 ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費と考えてください。 余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのがベストだと思います。
概要