トップページ >  > 広島県のインプラントでおすすめの歯科医院は?

インプラントで広島県の歯科医院を選ぶポイント

歯科治療の選択としてインプラントを選ぶという人が多くなっています。最近では、デンタルクリニックでのインプラントの技術も向上しています。歯科治療といえば痛いイメージがありますが、痛みのないインプラントができるので安心です。インプラントで歯科医を選ぶときにはチェックしたいポイントが幾つかあります。
チェックしたいポイントは治療の実績とアフターケアです。インプラントの症例が多いほど安心して治療を受けられます。そして、インプラントは治療して終わりではなく、長持ちさせるためにブラッシングなどが重要になるため、その指導を行ってくれるところが良いです。
これらのポイントをおさえた歯科医を紹介します。インプラント治療のことで不安に思うことなどがあるなら、クリニックに電話をして相談してみると良いです。

広島県で評判のインプラント歯科医院

広島のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名うえはら歯科
住所広島県呉市焼山中央2-4-8
通いやすい地域広島 呉市
郵便番号737-0935
院長名上原 亮
診察時間【月~金】9:00~13:00 14:30~18:00、【土】9:00~13:00 14:00~16:00
休院日日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名かみなか歯科
住所広島県廿日市市平良1-17-50
通いやすい地域広島 廿日市市
郵便番号738-0025
院長名上中茂晴
診察時間【月~金】9:30~19:00、【土】9:30~17:00
休院日水曜・日曜・祝日(※祝日のある週は水曜日も診療)
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名河田歯科医院
住所広島県三原市宮浦4-6-16
通いやすい地域広島 三原市 竹原市
郵便番号723-0051
院長名河田 眞樹
診察時間
休院日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

広島県のインプラント歯科医院について
インプラントの特徴として虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。 長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスは手を抜くことができません。 ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。 さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。 インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという説があったのではないでしょうか。 でも、気にしなくて良いです。 MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。 インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、検査で問題になることはまずありません。 インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。 セラミックとは要するに陶磁器であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。 人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必要不可欠です。 もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。 どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体を通して、相当な出費になります。 場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが費用を押し上げる最大の原因です。 現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースでは数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。 入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。 しかし、この治療法も決して万能ではなく、気に留めておくべきポイントがあります。 それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。 インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。 腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる可能性は高いといえます。 注意してください。 歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。 しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。 保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。 インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、トータルの治療費用は高額になってきます。 もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。 外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って過ごすように努めましょう。 日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動は控えることが望ましいです。 血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。 日頃から運動をしている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくことをすすめます。 本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば海外で治療を受けることも十分あり得ます。 インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。 寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、決してあきらめてはいけません。 まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。 インプラント治療を希望する代表例として、他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。 ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。 インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。 他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。 他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。 インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題が起きる可能性もあります。 こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
概要
_