トップページ >  > 北海道のインプラント歯科医院、おすすめは?

インプラントで北海道の歯科医院を選ぶポイント

徐々にインプラントを受ける方が増えています。今までと比べると歯科クリニックでのインプラントに関する技術も進歩しています。かなり安全で質の高いインプラントが出来るようになってきました。歯科医院を選択する際に、確認したいポイントがいくつかあります。
確認したいことは技術力とアフターケアを行っているかです。治療の経験が豊富なほど信用できるといえます。それから、インプラントした歯を長持ちさせるにはブラッシングが重要になります。そのようなアフターケアを行っている歯科医が良いです。
そのような点を抑えた歯科医を紹介します。インプラントの治療について不安に思うことなどがあるなら、歯科医院に電話をして相談するのがおすすめです。

北海道で評判のインプラント歯科医院

北海道のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名医療法人ハートフル会 すまいる歯科
住所北海道札幌市中央区北4条東2丁目8-2 マルイト北4条ビル2F
通いやすい地域北海道 札幌市
郵便番号060-0034
院長名阿部裕一
診察時間【月・水・金】10:00~13:30 15:00~20:00、【火曜】10:00~13:00 15:00~20:00、【木曜】10:00~13:30、【土曜】9:00~13:00 14:00~17:00
休院日日曜日・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名パドマデンタルクリニック
住所北海道江別市幸町9番地11
通いやすい地域北海道 江別市、札幌市厚別区
郵便番号069-0812
院長名眞所 明弘
診察時間【月・火・木・金】9:30~12:00 15:00~20:00、【水】9:30~12:00 14:30~17:30、【土】9:00~12:00
休院日日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名松本歯科クリニック
住所北海道旭川市大町2条10丁目
通いやすい地域北海道 旭川市
郵便番号070-0842
院長名松本弘幸
診察時間【月~金】9:00~13:00 15:00~19:00、【土】9:00~13:00
休院日土曜日の午後・日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

北海道のインプラント歯科医院について
完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるのがインプラントです。 しかし、難点もあるということに気を付けてください。 何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。 インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。 インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。 抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかることがあります。 この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。 簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。 虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせる治療ができます。 根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。 歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。 ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。 見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が良いと言えます。 また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。 大きな効果を得られるインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。 まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。 高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。 あとは、治療が失敗したとき、障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。 障害が残るばかりか、死亡事故も実際に報告されています。 人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。 骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。 ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、その全額が自費になるのが普通です。 余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。 インプラントについて、簡単に説明すれば虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。 ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため残った歯と同じような使用感があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。 ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。 年々進化を続けるインプラントの技術。 近頃では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。 義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなどの事例もあります。 そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に原因があると言ってよいでしょう。 なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。 普通、インプラント埋入手術は日帰りです。 部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。 出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。 また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。 自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院が必要になることもあるので、注意してください。 このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。 インプラント治療を希望する代表例として、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの要望があるケースです。 例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯のみに働きかける治療と言えます。 周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、やはりインプラント適用が一番でしょう。 どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。 日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールに注意を払い、さらに自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。 インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなると歯周病になることは珍しくありません。
概要
_