トップページ >  > 岩手県のインプラントでおすすめの歯科医院

インプラントで岩手県の歯科医を選ぶポイント

歯科治療の1つとしてインプラントをする人が増えてきました。今までと比べると歯科クリニックでのインプラントも安全性が向上しています。かなり安全で質の高いインプラント治療が出来るようになってきました。インプラント治療を受ける歯科医を選択するなら、確認したいポイントがあります。
そのポイントとは技術力とアフターケアを行っているかです。治療の経験が多いほど安心して治療を受けられます。それから、インプラント治療後にはブラッシングが重要になります。しっかりと説明や指導を行っている医院がおすすめです。
このようなポイントを満たしたクリニックを紹介しています。インプラントについて不安に思うことなどがあるなら、クリニックに電話をして質問してみると良いです。

岩手県で評判のインプラント歯科医院

岩手のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名ささき歯科クリニック
住所岩手県紫波郡紫波町日詰字下丸森9-1
通いやすい地域岩手 盛岡南、花巻北、紫波郡
郵便番号028-3305
院長名佐々木 成弘
診察時間【月・火・水・金】9:00~12:30 14:00~18:00、【土】9:00~12:30 14:00~17:00
休院日木曜日・日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

岩手県のインプラント歯科医院について
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。 特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。 食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。 自分の歯のお手入れと同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。 異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。 インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。 この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。 それはもちろんのこと、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが後悔しない歯科医選びの決め手となります。 インプラントの特徴として虫歯の危険性は全くありませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。 せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはずっと続きます。 しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。 放置すると炎症が広がるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。 インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることは本当に少ないという点です。 見た目からしても、自分の歯のように義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配もほとんどありません。 自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。 虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。 両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。 費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。 手術が終わってから、だんだんと違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。 歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。 ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。 審美性を考えた場合、ほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。 先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。 インプラント治療はかなりの技術を要するので、ある程度のリスクを伴う治療です。 では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に関わる問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという外見が損なわれる可能性もあります。 問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。 成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。 最大のデメリットは費用が高額になることです。 ケースによっては数十万円の負担になるケースもまれではありません。 あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるリスクも背負っています。 障害が残るばかりか、死亡事故も実際に報告されています。 インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。 この治療は治療全体を通して、相当な出費になります。 この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。 自費診療として始めるしかないのが高額の負担を避けられない理由です。 現状では最低線が十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。 インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはこの治療の良さでもあります。 自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。 ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強いものでもあります。 たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
概要
_