トップページ >  > 鹿児島県でおすすめのインプラント歯科医院

インプラントで鹿児島県の歯科医院を選ぶポイント

徐々にインプラントを受けるという人が多くなっています。歯科医師の間でも協会を作ったり勉強するなどして、歯科医のインプラントも安全性が向上しています。かなり安全で質の高いインプラント治療が出来るようになってきました。インプラントで歯科医を選択する際に、確認したいポイントがあります。
そのポイントとはインプラント治療の実績と、ブラッシング指導などのアフターケアを行っているかです。治療の経験が豊富なほど信用できるといえます。また、インプラントは治療して終わりではなく、長持ちさせるためにブラッシングが重要になります。しっかりと説明や指導を行っている医院がおすすめです。
これらのポイントをおさえたクリニックを紹介しています。インプラント治療のことで疑問に思うことがある場合は、歯科医に電話をして相談するのがおすすめです。

鹿児島県で評判のインプラント歯科医院

鹿児島のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名ローズ歯科医院 アミュプラザ
住所鹿児島県鹿児島市中央町1番地1 アミュプラザ鹿児島プレミアム館7F
通いやすい地域鹿児島 鹿児島市
郵便番号890-0053
院長名上妻勝美
診察時間【月・火・水・金】9:30~13:00 15:00~19:00、【土】9:30~13:00 15:00~17:30
休院日木曜・日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名しんぷく歯科
住所鹿児島県県霧島市国分野口西20-17
通いやすい地域鹿児島 霧島市
郵便番号899-4343
院長名新福哲郎
診察時間
休院日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

鹿児島県のインプラント歯科医院について
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。 このため、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが命に関わる大事な問題です。 近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。 長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。 日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することが欠かせません。 インプラント自体は人工歯ですが、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。 もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。 既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのは必須です。 美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。 今は、このような病歴があるからといって治療の可能性はゼロにはならないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。 インプラント埋入手術の直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。 これは、人工物を埋め込んで他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが自然な流れです。 実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることを心がけてください。 代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。 ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。 インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。 他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースでは他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。 普通、インプラント埋入手術は日帰りです。 部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。 麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。 あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。 腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院して手術するケースも実際にあります。 このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。 歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根部が残っているかどうかの違いです。 虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が健全であれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。 これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。 年々進化を続けるインプラントの技術。 近頃では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。 人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。 そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に起因することが多いといえます。 技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科を選ぶといいでしょう。 ネットのレビューなども参考になります。 人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。 インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはどこまでも続きます。 もしも、インプラントの周りで腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。 放置すると炎症が広がるので早急に診察を受けましょう。 インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。 義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、あごの骨にインプラントを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。 それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
概要