トップページ >  > 岡山県でインプラントするなら、この歯科医院

インプラントで岡山県の歯科医を選ぶポイント

年々とインプラント治療を受けるという人が多くなっています。今までと比べると歯科クリニックでのインプラントに関する技術も進歩しています。かなり安全で質の高いインプラント治療を受けることが可能になっています。インプラントで歯科医を選ぶなら、チェックしたいポイントがあります。
それはインプラント治療の経験や、治療後のフォローです。治療の経験が多いほど安心して治療を受けられます。そして、インプラントした歯を長持ちさせるにはブラッシングなどが重要になるため、そういった指導をしているクリニックを選びましょう。
このような点で選んだ歯科クリニックを紹介します。インプラント治療のことで不安に思うことなどがあるなら、歯科医に電話をして相談するのがおすすめです。

岡山県で評判のインプラント歯科医院

岡山のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名グリーン歯科クリニック
住所岡山県倉敷市水江1 イオン倉敷ショッピングセンター 1階
通いやすい地域岡山 倉敷市
郵便番号710-8560
院長名松本 敏光
診察時間【月~土】9:00~13:00、14:00~18:00
休院日日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名山手グリーン歯科
住所岡山県総社市岡谷119-5
通いやすい地域岡山 総社市
郵便番号719-1162
院長名松本 敏光
診察時間【月・火・木・金】9:00~13:00 15:00~19:00、【水・土】9:00~13:00 14:00~18:00
休院日日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名MAEDA DENTAL CLINIC
住所岡山県岡山市北区津島南1-1-21
通いやすい地域岡山市北区
郵便番号700-0085
院長名前田武将
診察時間【月・火・水・金】9:00~13:00 15:00~19:00、【土】9:00~13:00 14:30~18:00
休院日木曜・日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名北歯科医院
住所岡山県津山市中北下1269-9
通いやすい地域岡山 津山市
郵便番号709-4603
院長名大前 正範
診察時間【月・火・水・金】9:00~12:30 15:00~18:30、【土】9:00~12:30 15:00~17:30
休院日木曜・日曜・祝祭日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

岡山県のインプラント歯科医院について
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、当然ながらデメリットもあります。 第一に、費用は他の歯科治療より高額です。 ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。 それから、治療が失敗すると、場合によってはかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。 ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。 歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクはあります。 インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題が起きる可能性もあります。 失敗の可能性を少しでも下げるためにデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。 インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはありがたみを実感する点です。 自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。 インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらいしっかりした構造になっています。 もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。 どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。 他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。 それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。 厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。 医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。 医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。 確定申告を行うときには、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。 理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。 けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。 最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば従来はできないといわれていた症例でも治療ができるようになっています。 現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。 長年放っておいた虫歯があり、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。 両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。 結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。 手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん自分の歯と同じように噛めたのでこれで良かったと実感しています。 歯科治療の現場は日々進化を続けています。 最近は、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それも皆無とはいきません。 埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどの事例もあります。 これは担当歯科医の技量の低さのせいといえるでしょう。 なるべくなら、インプラントを専門としている歯科を選ぶといいでしょう。 ネットのレビューなども参考になります。 インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。 これは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。 入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。 この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の高レベルの医療技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。 患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということであり、その分高額になっているのです。 顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。 インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。 他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。 よりメジャーである2ピースタイプは、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。
概要
_