トップページ >  > 沖縄県でインプラントするなら、この歯科医院

インプラントで沖縄県の歯科クリニックを選ぶポイント

年々とインプラント治療を受けるという方が多くなっているようです。歯科医師の間でも協会を作ったり勉強するなどして、歯科医のインプラントに関する技術も進歩しています。痛みもなく安全なインプラント治療が普及してきました。インプラントで歯科医を選択する際に、確認したいポイントがあります。
それは技術力とアフターケアを行っているかです。インプラントの症例が豊富な方が安心です。そして、インプラントは治療して終わりではなく、長持ちさせるためにブラッシングなどが重要になるため、その指導を行ってくれるところが良いです。
これらのポイントをおさえたクリニックを紹介しています。インプラントについて不安に思うことなどがあるなら、歯科医に電話をして相談してみると良いです。

沖縄県で評判のインプラント歯科医院

沖縄のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名さわやか歯科クリニック 那覇
住所沖縄県那覇市寄宮173-1
通いやすい地域沖縄 那覇市
郵便番号902-0064
院長名城間健
診察時間【月・火・水・金】9:00~13:00 14:30~19:00
休院日木曜・日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

沖縄県のインプラント歯科医院について
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってぴったりくるのはインプラントです。 外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部の義歯になる部分を装着します。 入れ歯に比べれば費用はかかりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。 あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。 入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。 その義歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。 陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。 人工歯の製作には、高い技術と美的センスを持ち合わせていなければなりません。 患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、技術的なコストもかかり、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。 インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプに分類することができます。 アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。 そして、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。 この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。 年々利用者が増えてきたインプラント。 その施術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。 その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。 この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の高レベルの医療技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。 そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。 重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。 とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのがとても大事です。 美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。 最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。 人工歯としてのインプラントは虫歯になる可能性はゼロですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。 せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。 しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。 放置すると炎症が広がるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。 インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその都度、費用がかかります。 多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診を受けるように言われます。 メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。 標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。 忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療終了後、義歯だと気づく人はたぶんないでしょう。 歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることもほとんどありません。 自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。 入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。 使用年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。 ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。 さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数も左右されてしまうのです。 長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。 日頃から丁寧に歯みがきを行い、いわゆるプラークコントロールを完璧に行い、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。 どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。
概要