トップページ >  > 東京都のインプラントでおすすめの歯科医院は?

インプラントで東京都の歯科医院を選ぶポイント

徐々にインプラントを受ける人が増えてきました。今までと比べると歯科クリニックでのインプラントに関する技術も進歩しています。かなり安全で質の高いインプラントが普及してきました。インプラント治療でクリニックを選ぶときにはチェックしたいポイントがあります。
チェックしたいポイントはインプラント治療の実績と、ブラッシング指導などのアフターケアを行っていることです。インプラント治療の実績が多い医院の方が信頼できます。そして、インプラントは治療して終わりではなく、長持ちさせるためにブラッシングが重要になります。その指導を行ってくれるところが良いです。
このようなポイントを満たした歯科医院を紹介します。インプラントについて不安に思うことなどがあるなら、クリニックに電話をして質問してみると良いです。

東京都で評判のインプラント歯科医院

東京のインプラント歯科医院の中から、技術力が高く、実績があり、アフターケアも丁寧で評判の良いところをピックアップしました。


歯科クリニック名ハートフル総合歯科
住所東京県三鷹市下連雀3-25-5
通いやすい地域東京 三鷹市
郵便番号181-0013
院長名下田 孝義
診察時間【月・金】9:30~14:00 15:30~19:00、【火・水・木・土】9:30~14:00 15:30~18:30
休院日日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名山手歯科クリニック
住所東京県品川区東大井5-25-1カーサ大井町1F
通いやすい地域東京 品川区
郵便番号140-0011
院長名齋藤 和重
診察時間【月~金】10:00~13:00 14:30~20:00、【土】10:00~13:00 14:30~18:00
休院日日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名青木歯科医院
住所東京県江東区大島5-7-6メゾン・ド・フロレゾン2階
通いやすい地域東京 江東区
郵便番号136-0072
院長名青木 仁
診察時間【月・火・水・金】9:30~13:00 15:00~19:00、【土】9:30~13:00 14:00~17:00
休院日木曜・日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名浅草KT歯科
住所東京県台東区浅草1-25-15 浅草ROX5F
通いやすい地域東京 台東区 上野 浅草
郵便番号111-0032
院長名徳永剛
診察時間【月・火・水・金】10:30~13:30 14:30~19:00、【土・日】10:30~13:30 14:30~18:00 ※日曜は第一第三日曜日のみ診療
休院日木曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名オーラルビューティークリニック
住所東京県港区白金1-14-4 コートモデリア白金B1F
通いやすい地域東京 港区
郵便番号108-0072
院長名園延昌志
診察時間【平日】10:00~20:00、【土・日】9:30~18:00
休院日-
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名高田馬場駅前デンタルクリニック
住所東京県新宿区高田馬場2丁目16-2
通いやすい地域東京 新宿区
郵便番号169-0075
院長名大堀恭裕
診察時間【月~金】9:30~13:30 15:00~20:00、【土・日】9:30~13:30 15:00~19:00
休院日祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名大堀デンタルクリニック 目白
住所東京県豊島区目白3丁目13-5
通いやすい地域東京 豊島区
郵便番号171-0031
院長名大堀恭裕
診察時間【月~金】10:00~13:30 15:00~20:00、【土・日】10:00~13:30 15:00~19:00
休院日祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

歯科クリニック名宇田川歯科医院
住所東京県墨田区太平3-4-8
通いやすい地域東京 墨田区
郵便番号130-0012
院長名宇田川宏孝
診察時間【月~土】9:00~18:30、【土】9:00~18:00
休院日日曜・祝日
ホームページ歯科クリニックの詳細はこちらをクリック

東京県のインプラント歯科医院について
インプラントの特徴として当然、虫歯にはなりませんが、歯周病には気をつけてください。 インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。 ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。 さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。 インプラント治療を希望する代表例として、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。 ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。 他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。 本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、どこの国までも治療を受けに行くという手段もあります。 そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。 困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら決してあきらめてはいけません。 できる限りの情報を手に入れるしかありません。 インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので術後の患者さんは、ほとんどが人工物を入れられた違和感を感じています。 腫れが引いた頃には慣れてきますので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように我慢あるのみです。 しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。 我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。 「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。 まず、差し歯というのは、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。 ですから、抜歯してしまって歯がない場合は差し歯は利用しようがないということです。 一方、インプラントは原理が全く異なります。 これは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。 自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。 近年市民権を得てきたインプラント。 人工歯の組成には、多くの場合、セラミックが使用されています。 セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。 綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必要不可欠です。 もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは従来の金歯よりも高額になるのです。 インプラント治療の大きな問題は、費用がかさむことに尽きます。 保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによってもかなり費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。 治療が終わっても、ずっと定期検診があるということも覚えておきましょう。 インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。 特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まず既往症を完全に治しておく問題が生じます。 それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。 最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。 まずは歯科医に全て話しておきましょう。 人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。 インプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。 インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。 この2ピースタイプはさらに、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。 耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保たせることが可能とされています。 そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。
概要